メール申し込みから1時間も経過しないで、Aさんはクレジットカードの現金化に成功しました。

MENU

換金までの流れ

クレジットカードを現金化したくても、やはり躊躇してしまうものです。
そこで、実際に現金化を行った人の体験をまとめてみました。
どのような手順でクレジットカードの現金化が行われるのか知れば、無駄に不安を感じることも無くなります。

 

 

現金化を行ったのは、都心から少し離れた場所に住むAさん、33歳の主婦です。

Aさんは順風満帆な主婦生活を送っていましたが、旦那さんのリストラにより状況が180度変わってしまったのです。最初は働くことを考えたAさんですが、体が丈夫ではなく病気がちのため仕事は現実的ではありません。
旦那さんの就職を目指して活動していますが、年齢が40歳を超えているせいで難航していたのです。やがて貯金が無くなり、家賃や食費などのお金が払えなくてなって来てしまいます。
そこでテレビCMなどでもやっている大手の消費者金融にお金を借りて、どうにかその日その日を凌いで行きます。

 

しかし、収入が無いので借金の返済が滞ってしまい、追加で借金をすることが出来なくなります。
無職のAさんが借金しようにも審査で弾かれてしまいます。
追い詰められたAさんが選んだ選択肢が、クレジットカードの現金化でした。
クレジットカードの現金化は審査が不要だと知り申し込みをしたのです。

 

具体的な流れですが、最初のステップはスマイルギフトへのメール申し込みです。

本名や携帯番号を入力して、後は書いてある内容に沿ってチェックすれば良いだけの簡単なものです。ここでポイントになるのは偽名などを使わないことです。
クレジットカードの名義と異なる指名を記載すると現金化が出来ないので注意しましょう。
スマイルギフトでは女性オペレーターを指定できるので、Aさんは女性を希望しました。

 

次のステップはメール申し込みからたった15分後に発生しました。

スマイルギフトから携帯電話に連絡が来て、簡単な質問をされることになったのです。
これはとても簡単な本人確認のための作業です。
名前や本人であるかを確認されるだけなので特に難しいことはありません。
特に、女性オペレーターが丁寧に優しく対応してくれたので、緊張することは無かったようです。

 

この後は具体的な商品の購入になります。

商品を買うのはインターネットショップなので遠くまで出向く必要は無いです。
ブレスレットなどのアクセサリーや雑貨が並んでおり、申し込みしたい金額の分だけ買い物をします。

 

最後に、商品購入から30分ぐらい経過した時に、再度電話が来て現金の振り込みが伝えられました。

口座を確認してみると、確かに換金率通りの金額が振り込まれていたのです。
メール申し込みから1時間も経過しないで、Aさんはクレジットカードの現金化に成功しました。
これにより生活費がまかなえたので、その間に旦那さんが仕事に就けるようにサポートしていくようです。

 

現金化は何も難しいことは無く、簡単に行えるので覚えておきましょう。