業者によって換金率が違うのは、業者が換金率を決めるからです。

MENU

業者によって換金率が異なる理由

 

クレジットカード現金化の換金率が業者によって異ります。例えば同じ10万円に換金するときでも、高い換金率であれば98%、低い換金率であれば70%などがあります。他の分野の業者では、これほど率が違うところはなかなかありません。
できれば誰しも高い換金率でお金を得たいものですが、なぜこれほどの違いが出てくるものなのでしょうか?

 

クレジットカード現金化の手数料

クレジットカード現金化を行っている業者の利益の1つに、「手数料」があります。業者もこの手数料をもらうことができなければ商売にならない訳です。
この手数料によってクレジットカード現金化の業者は運営しているわけですから、手数料がかかるのも仕方がない事だといえます。

 

クレジットカード現金化の業者は、買い取った商品を転売したお金と、換金によって得た手数料で出来ているのです。
ですからあまり高い換金率を出している業者は、「何かおかしい」と疑うようにし、安易に利用しない事をおすすめします。
あとでさまざまな言い訳をつけて換金率を下げてくる可能性があります。

 

換金率の決まりがない

手数料がかかるのは仕方が無い事だとして、なぜ業者によってこれほどの手数料の違いが出てくるのでしょう。
それはこの換金率に関してきちんとした決まりが無い為です。ですから換金率は業者が決める事ができます。
例えばスーパーなどで売っている食料品1つにしてみても、お店によって金額が異なってきますよね。クレジットカード現金化の業者にしてみても同じ事が言えるわけです。

 

クレジットカードカード現金化の業者を選ぶときは、さまざまな業者のサイトを見て換金率の相場を調べ、きちんと情報を得てから利用するようにしましょう。