クレジットカード現金化の業者は貸金業者ではないので、金融業者でもありません。

MENU

金融業者とクレジットカード現金化の違い

 

クレジットカード現金化の業者はそもそも貸金業者ではありません。なぜなら「お金を貸す」という行為を行わないからです。
例えばクレジットカード会社や消費者金融業者はお金を貸し出しますから「貸金業者」になります。貸金業者であるという事は自然に金融業者と言うことになります。
クレジットカード現金化の業者は貸金業者で無いので、金融業者ということではないのです。

 

クレジットカード会社や消費者金融であれば、利用する際に必ず「審査」というものを行います。
なぜなら、お金を貸すわけですから返してもらえなければ困ります。
ですから、お金を返す事が出来る能力があるか、勤務先などを調べる必要があるのです。また、ブラックリストと呼ばれる「金融個人情報」に事故がないかを調べなくてはいけません。

 

また、お金を借りるときにはさまざまな「決まり」があります。
例えば、「収入の1/3を越えた借金をしてはいけない」という総量規制など、顧客が今現在どのくらいの借入金があるか調べなくてはいけません。
これを越えてしまっていては、貸したほうも借りたほうも法律に反する事になります。

 

しかし、クレジットカード現金化にはこのような決まりがありません。ですから、審査と言うものがありません。利用できるかできないかは、クレジットカードのショッピング枠に空きがあるかどうか、です。
ですから、例えば総量規制を超えた借金を抱えていても、ブラックリストに載っていても利用する事が出来るのです。

 

クレジットカード現金化の業者には、悪徳業者も潜んでいます。そのような悪徳業者を利用しないようにするためにも、きちんと業者についてインターネットなどを利用して調べた上で利用するようにしましょう。