利用者が罰せられるのは皆無ですが、信頼できる会社へ申し込みをしましょう。

MENU

現金化の法律的見解

今すぐ現金が欲しいのに、どこからも借りられない人はクレジットカードの現金化で解決出来ます。
スマイルギフトでは最短で、即日5分で現金化してくれるのです。

 

ただし、多くの人が気になるのはクレジットカードの合法性では無いでしょうか?

仮に現金が手に入っても、法律で罰せられてしまい、最悪逮捕される心配がある人も居るでしょう。
そこで、ここではクレジットカードの現金化の法的な見解をまとめます。

 

 

まず、最初に結論を言いますが、クレジットカードの現金化は黒寄りのグレーゾーンです。
100%の確率で罰せられることはありませんが、何かのきっかけでデメリットを受けるリスクはあります。しかし、デメリットを受けるリスクは極めて低いと言って良いでしょう。

 

事実、クレジットカードの現金化は日々行われていますが、逮捕者が出た事例はありません。
また、ネット上で堂々と広告を出しているクレジットカードの現金化業者が居なくならないことにも注目しましょう。
特にスマイルギフトは会社を設立し、しっかりとした住所でオフィスを持っています。

 

なぜ罰せられないのか?
それは違法と判断されていないからです。

 

クレジットカードを現金化する手順は、商品購入した後にキャッシュバックを行うものです。
お金を貸す業務を行うのであれば、賃金業法に基づいた登録が必要になるのですが、現金化の業者は無許可でやっています。
無許可でお金を貸していれば違法となってしまいます。
ですが、実際は商品を売って、その商品の代金の一部をキャッシュバックしているに過ぎません。
これは厳密に言えば、お金を貸している訳では無いのです。

換金までの流れ

 

キャッシュバックではなく、商品を売った後に買い取りを行う業者も居ます。
例えば、10万で売った商品を即時8万で買い取るようなものです。
こちらもお金を貸して居る訳ではないので違法にはなりませんが、法的にはグレーゾーンです。

 

悪質な現金化を行う業者は、利用者から消費者センターや警察へ相談が行き、摘発が行われています。これは業務実態を把握し、事実上の金融業者であると証明して逮捕するものです。
現金化業者が逮捕される事例も多々ありますが、その業者を利用した人が逮捕されたことは無いので心配はいりません。

 

法律の隙間を突いているような方法ではありますが、少なくとも現在は現金化が日常的に行われています。利用者が罰せられるのは皆無なので、利用したいと考えているなら積極的に行動しても良いでしょう。

 

後は、悪質な現金化業者に依頼しないように、信頼できる会社へ申し込みを行うようにしてください。