弁護士や司法書士などに債務整理を依頼するのが一般的な方法と言えます。

MENU

多重債務に陥ってしまったら

 

多重債務者とは多くの場所からの借金を抱えてしまっている人のことを指します。
多重債務に陥ってしまってもきちんと返済できていればさほど問題はないのですが、多重債務に陥る多くの人は返済が困難な状態になってしまいがちです。

 

多重債務に陥っている人のほとんどが、A社に借金を返す為にB社からお金を借り、B社の借金を返す為にC社から借りる、といった事を繰り返し、気付けば多重債務に陥って借金が返せない状態になってしまった、という負のスパイラルにはまってしまったことが多いのです。

 

多重債務に陥ってしまったら弁護士や司法書士などに依頼して「債務整理」をしてもらうのが一般的な方法だといえます。

 

債務整理の方法は、「任意整理」、「民事再生」、「自己破産」の大きく分けて3つの種類があります。

どの方法も自力で行う事が出来ますが、方法が困難である上に時間もかかるので、一般的には専門家である弁護士や司法書士にお任せします。
債務整理が行われると債権者に通知が届き、それ以降の取り立てがなくなります。

 

任意整理は債務者と債権者が話し合いをし、金利をカットして元本のみを返済するなどの方法をとり、借金を整理する手続きの事です。
この方法は裁判所を通すことがないこと、普通に返済するよりはるかに返済がしやすくなるなどのメリットがあります。

 

民事再生自分の財産(住宅など)を手放すことなく、借金を減額させてそれをおおよそ3年以内に返済する方法です。裁判所での手続きとなりますが、借金は大きく減額される事になります。

 

自己破産は文字通り「破産する事」で、借金を無くす事が出来る代わりに自分の所有財産のほとんどを手放す必要があります。こちらも裁判所での手続きを行う必要があります。